会計専用機のコスト削減ならハイブリッド型クラウド会計のフリーウェイ経理Pro

フリーウェイ経理Proとは

フリーウェイ経理Proは、会計事務所向けの財務会計ソフトです。会計専用機レベルの業務効率化を、低コストなクラウド会計で実現しました。
もちろん、専用機のような「買い替え」からは解放されます。毎月の月額利用料だけで、5年後も10年後も、ずっと利用できる会計システムです。

クラウド会計のメリット

効率が上がる効率が上がる

クラウド会計なら、会計事務所も顧問先も、いつでもどこでも最新の会計データを処理できます。USBなどでのデータの受け渡し、メール送受信などの手間がなくなります。


災害時も安心災害時も安心

クラウド会計は、データをインターネット上に保存しています。災害時など、事務所内で万が一のことが起きても、会計データの保管については心配いりません。


いつも最新機能いつも最新機能

クラウド会計なら、新しい機能を常に利用できます。また、新しい年号や消費税10%への対応も、クラウド会計なら面倒なアップデート作業が不要です。

フリーウェイ経理Proの特徴

フリーウェイ経理Proは、快適な処理スピードで、ユーザーの皆様の業務効率化を支援します。
ソフトウエアの起動、入力、印刷すべてがスピーディーです。

従来の会計システムと同様の運用(ハイブリッド)

多くのクラウド会計は、ソフトウエアのプログラムも大切な会計データも全て、インターネット上(クラウドサーバ)にあるものを利用します。
そのため、繁忙期には処理速度が遅くなりがちです。フリーウェイ経理Proは、プログラムは事務所内のコンピュータに、会計データはコンピュータとインターネット上に保管が可能なため、繁忙期でも高速処理できます。クラウドを使ったデータ共有の利便性と、これまでの会計システムの安心感を兼ね備えた、ハイブリッド型クラウド会計です。
※記帳代行の顧問先など、データ共有の必要がないデータは、事務所内のみに保管できます。

顧問先のデータを一元管理しやすい

フリーウェイ経理Proは、会計事務所が蓄積したデータを無駄にしません。会計事務所が、既存の会計システムからフリーウェイ経理Proへ乗り換えるとき、または併用するときも、データをそのまま移行できます。顧問先が会計事務所と異なるソフトを使っていても、会計ソフトを買い揃えたり、いろんなソフトの操作を覚える必要がなくなります。フリーウェイ経理から他社ソフトへ、また他社ソフトからフリーウェイ経理へとデータ変換できるシステムを搭載しています。

※対応の会計ソフト:JDL会計 / 弥生会計 / 財務応援 / 勘定奉行 / PCA会計 / 会計大将 / 発展会計
※会計ソフト名は、各社の登録商標または商標です。

キーボードのみで操作が可能

一般的なクラウド会計は、ウェブブラウザを利用するため、入力時にマウスを使わなければなりません。キーボードからマウスでの入力へ切り替えるのは、非常に手間がかかります。フリーウェイ経理Proなら、キーボードのみで操作を完結でき、スピーディーに入力できます。

インターネット接続が切れても業務を継続できる仕組み

通常のクラウド会計は、利用している間はずっと、インターネット環境が必要です。そのため、インターネット接続が切れた途端に利用できなくなり、業務が止まってしまいます。フリーウェイ経理Proは、ソフトウエアと会計データを事務所内のコンピュータに保存できるため、もしインターネット回線が遮断されても、処理を継続できます。
※再びインターネットに接続できた際、それまで入力していたーデータをインターネット上にアップロードできます。

コスト削減しやすい

フリーウェイ経理Proは、会計専用機をご利用の方はもちろん、パッケージソフトをご利用の方でもコスト削減できます。

グラフ

買い替えが不要

会計専用機は、5年ごとの「買い替え」が必須です。耐用年数に関わらず、5年ごとに新しいものを買わなければなりません。
フリーウェイ経理Proなら、「買い替え」は不要です。月額利用料だけで、5年後も10年後もご利用いただけます。

柔軟な月額利用料

会計事務所の繁忙期、一時的に会計システムを利用する職員の人数が増えた場合でも、フリーウェイ経理Proなら安心です。
1ヶ月単位、職員1人分から柔軟な対応が可能になっています。職員やコンピュータの台数が増えるたびに、高額なリース料が増額することは、ありません。

オプション機能

部門別帳表システム(標準装備)部門別に売上高や販管費の管理、利益の把握、経営判断を支援する資料作成できます。
工事別台帳システム(標準装備)会計データから工事別に仕入や費用などの原価計算、利益管理まで簡単にできます。
コンバートJ(CSV)システムフリーウェイ経理のデータをJDLと相互変換できます。
会計データ変換システムJDL、弥生会計、PCA会計、勘定奉行、財務応援、発展会計、会計大将、JOIN財務システムのデータを変換できます。
※発展会計、会計大将、JOIN財務のデータは、フリーウェイ経理のデータにのみ変換できます。
※発展会計、会計大将、JOIN財務のデータ変換は、別途費用がかかります。
NTTデータ法人税の達人データ連動システム 「法人税の達人」の決算書にデータを連動できます。
NTTデータ達人税務データ連動システム「所得税の達人」・「内訳概況書の達人」・「消費税の達人」)へ税務データを連動
フリーウェイ税務データ連動システム税務申告のクラウドシステム「フリーウェイ税務」に財務データを連動できます。