フリーウェイ経理Proは高速処理できるクラウド会計

従来のクラウド会計のメリット・デメリット

メリット

つねに最新のデータを確認できて業務効率が上がる

いつでも最新機能を使える

災害で事務所内に万が一が起きても、データがクラウドにあるので安心

デメリット

繁忙期のアクセス集中によって処理スピードが遅くなる

クラウドサービスを導入できない顧問先の会計データを管理できない

インターネット環境がないと業務ができない

フリーウェイ経理Proなら従来のクラウド会計のデメリットを解消できます

1. 繁忙期も変わらず高速な処理ができる

  • クラウドソフト最大のデメリットである、処理スピードの問題を解消しました。会計データはパソコン内などのローカル環境に常に保存され、同時にクラウドサーバにも所定のタイミングでデータが同期されます。このようにクラウドサーバへの同期を必要最低限に抑えることで、クラウド会計でありながらいつでも高速処理ができます。
  • 専用のソフトウェアをパソコンにインストールして操作しますので、一般的なクラウドソフトとは異なりキーボードだけでも操作できます。データ入力や画面遷移のスピードが速くなり、業務効率が上がります。

2. データごとにクラウド共有するかどうか選択できる

会社データごとに、クラウドサーバを介して共有するか、しないかを選べます。クラウドサービスを使用しない方針の顧問先がいる場合も、フリーウェイ経理Proなら対応できます。左図のC社のように、会計事務所のファイルサーバー内でのみ処理する運用が可能です。

※ 左図のA社のように、顧問先がフリーウェイ経理Lite(顧問先版)で自計化する場合はクラウドサーバを介してのデータ共有が必須です。※ 左図のB社は、顧問先とはデータ共有せずに会計事務所内でのみクラウドサーバーを介してデータ共有する場合の例です。

3. オフライン(非常時)でもソフトを使える

通常のクラウド会計は、利用している間はずっと、インターネット環境が必要です。そのため、インターネット接続が切れた途端に利用できなくなり、業務が止まってしまいます。フリーウェイ経理Proは、操作するためのソフトウェアと会計データを事務所内のパソコンに保存できるため、万が一インターネット回線が遮断されても業務を継続できます。

※再びインターネットに接続できた際、それまで入力していたデータをインターネット上にアップロードできます。

詳しく知りたい方はこちら

資料ダウンロード