フリーウェイ経理Proがコスト削減に強い理由

会計ソフトのコストでよくある課題

年単位でソフトウェアや専用機を買い替えなくてはならず、コストが減らない

社員数が増えると、その分だけライセンスや専用機の買い足しが必要になっている

顧問先とのデータ共有にかかるソフトや、顧問先に合わせて他社ソフト揃えるためにコストがかかる

フリーウェイ経理Proなら各種コストを削減できます

1. ソフトウェアや専用機の買い換えが不要

  • 買い換えをする必要がないため、ソフトウェアの購入にコストがかかるのは導入時だけです。
  • 導入後はライセンスの利用料だけで使い続けられます。もちろん操作サポートも受けられます。
  • 導入時~導入後にかかる費用も試算しやすいので、会計ソフト以外のサービスに充てるコストを捻出しやすくなります。

2. 利用する人数を1ヶ月ごとに増減できる

同時に利用する人数に応じて、1ヶ月単位でライセンスを追加・削除できますので、コストの無駄をなくせます。

▼運用例

  • 準備期間の導入時は1ライセンスで利用し、本格的に使用するタイミングでスタッフの数に応じてライセンスを追加する。
  • 繁忙期など、社員を増やす時だけに限定してライセンスを追加する。

3. 顧問先とのデータ共有にかかる費用を抑えられる

  • 顧問先用のソフト(フリーウェイ経理Lite 顧問先版)は、1件あたり月々の利用料金が安価ですので、顧問先が増えても安心です。
  • 顧問先に訪問するコストがなくなります。どこにいても顧問先と同じ画面を見ながら、電話やメールで簡単にやりとりができます。
  • 慣れ親しんだソフトを使い続けたい顧問先とは、変換ツールを使ってデータのやりとりができます。そうすることで、顧問先に合わせて他社ソフトを購入して揃える必要がなくなります。

詳しく知りたい方はこちら

資料ダウンロード