よくある質問

現在の会計システムから切り換えるのには不安があります。
ご安心ください。もし、フリーウェイ経理Proの利用をやめたくなった場合でも、すぐに元々のシステムに戻れます。
なぜなら、フリーウェイ経理Proなら、他社の会計ソフトのデータを相互に変換できるからです。
クラウドなのにソフトをインストールするのは、面倒な気がします。
フリーウェイ経理のインストールは、2分程度で終わります。バージョンアップなら、1分もかかりません。
連動する税務申告ソフトは何ですか?
シリーズ製品の「フリーウェイ税務」、NTTデータ社の「達人シリーズ」です。
フリーウェイ経理Proを使っている会計事務所の話を聞きたいのですが。
まずは、「お客様の声」をご覧ください。実際に会って話を聞きたいという場合は、ご相談ください。
インターネット共有している顧問先に、申告が終わったデータを触ってほしくないのですが。
会計データにパスワードを設定できます。そうすれば、顧問先の方はデータを訂正できません。
顧問先とインターネット上でデータ共有したくない場合は、どうすればいいでしょうか。
そういった運用も可能です。メール、USBメモリ等の媒体でデータのやりとりができます。
顧問先とのデータ共有の仕組みの概要を教えてください。
会計事務所様にて顧問先用IDとパスワードを発行していただきます。その後、顧問先用プログラム、ID、パスワードを顧問先様に送ってください。
顧問先様がインストールしてログインすると、会計事務所と顧問先で、インターネット上でデータ共有できるようになります。
インターネット会計は動作が遅く、業務効率が下がるのが心配です。
ご安心ください。ハイブリッド型のフリーウェイ経理Proは、これまでの会計ソフト同様の速度で処理できます。
ハイブリッド型のメリットを教えてください。
これまでの会計ソフトとインターネット会計の両方のメリットを享受できます。
インターネット会計の長所は、インターネットを通じて顧問先とデータ共有できるため業務効率が上がる点です。
しかし、デメリットとして処理速度がやや遅いことが挙げられます。
その点を補うべく、フリーウェイ経理は、プログラムをパソコンにインストールする方式を採用しました。
データについても、事務所のパソコンやサーバと、インターネット上の両方に保存できます。
よって、災害時などにインターネットに接続できなくなっても、業務継続が可能です。
(※フリーウェイ経理Liteは、インターネット接続が必須です。)
Proの体験版とLiteの無料版は何が違うのでしょうか。
無料版は、個人・小規模企業向けのソフトで、インターネット会計ではありません。
当方は会計事務所ではありませんが、フリーウェイ経理Proを使うことはできませんか?
企業の皆様にも、ご利用いただけます。
複数の従業員様で会計ソフトを同時にお使いになる場合や、グループ会社全体で運用される場合にはProが最適です。
関与先が他社の会計ソフトを使っており、そのデータをフリーウェイ経理で処理したいのですが。
オプションの「他社会計データ変換システム」をお使いください。
※変換対象のソフトのみ
無料版もあると聞きました。
フリーウェイ経理Lite(無料版)は、個人・企業向けのソフトです。会計事務所とのデータ共有、メールでのデータ送受信ができません。
体験版ではなく無料版で試してみたいと思うのですが。
無料版は、個人・小規模企業向けのソフトです。
フリーウェイ経理Pro本来のメリットを体感していただくには、体験版のご利用をオススメします。
在宅勤務の社員でも使えますか。
ご利用いただけます。
その場合、関与先1社ずつ管理できるIDか、全顧問先を処理できるIDのいずれかを発行できます。
経理系の人材派遣業を営んでおり、社員教育に使える会計ソフトを探しています。
フリーウェイ経理Proがオススメです。
社員お一人ずつに、1社だけ処理できるIDを発行できます。
試しに、顧問先に無料版を使わせたいと考えています。
フリーウェイ経理Lite(無料版)をご案内してください。
ホームページに料金表が見当たりません。
職員の人数、自計化している顧問先数など、お客様のご状況によって金額が異なります。
よろしければ、お問い合わせください。