標準業務処理簿

税務ソフトに革命!7つの税務ソフトが1つになった「税務革命」

「標準業務処理簿」とは、

標準業務処理簿とは税理士業務処理簿作成システム「標準業務処理簿」は、税理士法第41条、第48条の16の規定による「税理士業務処理簿」を簡単に作れるソフトウエアです。あらかじめ顧問先名、住所などを登録しておけば、スピーディに「税理士業務処理簿」を作成できます。

サンプル画面

価格

スタンドアローン版 28,000円(税抜)
ネットワーク版 78,000円(税抜)

【顧問先マスターはエクセルでOK】

顧問先名や住所をひとつひとつ顧問先マスターに登録する必要はありません。エクセルデータをそのままマスターにできます。

【複数のパソコンでもデータ共有できます】

1台のパソコンで行う(複数税理士登録可)スタンドアローン版と複数の税理士がネットワークサーバで運用できるネットワーク版をご用意いたしました。

【マニュアルなしでも簡単に操作できます】

シンプルな設計の「標準業務処理簿」であれば、パソコンに不慣れな方でもスグに使えます。

動作環境

OS Microsoft WindowsXP/Vista/7
対応機種 上記日本語OSが稼動するパーソナルコンピュータ
CPU Intel Pentium?600MHz以上(Pemtium?1GHz以上推奨)
Memory 1GB以上
HDD 100MB以上(データ領域は別途必要)
ディスプレイ 1024x768pixel以上の解像度で16ビット色以上が表示可能
ドライブ CD-ROMドライブ(セットアップ時に必要)
プリンタ OSに対応しているレーザープリンタ(インクジェットプリンタでも印字可能、保証外)
その他 MicrosoftExcel 2007 または 2010が必要です